FC2ブログ

百合の契り1:菜摘お姉さまへの想い



お姉さまに抱かれるのは

何年ぶりでしょうか?



確か、私の前から姿を消して

もう2以上の歳月が流れているはず・・・





今年の4月

世間が新型コロナウイルス問題で揺れる中、

何の前触れもなく、ふらりと、帰ってみえました。




お姉さまの気紛れはいつものこと。



だから、最初の数か月は気にしていませんでした。


それと、尊敬していらしたシスターが亡くなったと聞かされていたから私にも遠慮があったのです。



でも、2年を超える歳月は、あまりにも長過ぎました・・・






何ごともなかったかのように

私を抱き寄せるお姉さまが許せず



思わず、恨み言をぶつけます。



「どれだけ私を待たせて・・・」

「お姉さまのことを好きにさせたら気が済むの?」




その言葉を遮るかのように


私の我儘な唇を


お姉さまの唇が塞ぎます。




その、蕩けるような柔らかさ、


そして、甘い香り・・・




「ああ、お姉さまの香りだわ・・・」



「ふふ、どちらがどちらの唇か・・・」

「分からなくなってきたでしょう?」

「さあ今よ、かおるちゃん舌をちょうだい」

「あなたの舌を吸わせて・・・」




そう、


貴女は、いつもこうやって・・・


私の舌を貪りました。





どんな不満も


どんな不安も・・・


貴女の舌に吸い上げられて



夢見心地になる私・・・




また、はじまるのね。

あの、トキメキの日々が・・・




貴女の手によって、ふたたび・・・



「ああ、お、お姉さま・・・・」


「す、て、き、、、、、」



小刻みに身体を震わせ


懐かしく

遠い星空に


今宵、昇ってゆくのです。




菜摘への想い







愛と背徳の小部屋 - にほんブログ村


にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村 
ランキングに参加しています。是非ポチっと応援して下さいね😉💕

 




人気ブログランキング
上のランキングバナーとFC2バナーも是非押して下さいね😉💕

 

嫉妬



ようやく長い梅雨が明け


本格的な夏がやって来ました。




心なしか今年の夏は心が躍りません。



コロナ禍のせいかな?


ずうっと、昔

夏の太陽のもと


「大輪のひまわり」に

抱かれたことがありました。



その愛は激しく

私の心を燃え上がらせ


わたしは

貴女に永遠の服従を誓い

貴女だけを見つめ


貴女のためにすべてを捧げた・・・



そんな昔がありました。






嫉妬1




「大輪のひまわり」が

散ったと聞かされた時・・・


私の夏は終わり



淋しい秋と

木枯らしの吹き荒ぶ

冷たい冬の季節を経て



いつしか


私の夏に


「凌霄花」が咲いていました。



それは


「霄(そら)を凌ぐ花」


私の暗く沈んでしまった空から

暗雲を払い

乾ききった心に

再び愛の潤いを与えてくれたのです。






嫉妬2





そして、今年の夏


長い梅雨を経て


再び、私の夏に


あの懐かしき

「大輪のひまわり」が

 返り咲きました。



威風堂々と美しく・・・



私たちを包み込み


艶やかにその花を広げたのです。





たとえ、コロナ禍の中でも


不幸や天災が起きても

季節は巡り、花は咲く


じっと、待ってさえいれば・・・




そう、

「凌霄花」も咲いたわ。



「大輪のひまわり」のもとで



妖艶に、悩ましく


太陽の寵愛を受け

「大輪のひまわり」の愛撫に

濡れる身体を捩らせながら・・・



弦を絡めて霄(そら)に昇り

やがて、霄(そら)を凌ぐのね・・・






嫉妬3





コメントをしたいのに

言葉が浮かばない・・・・



 何故でしょう・・・




私の周りで何が起ころうと



私なんか居なくても・・・



時は淡々と流れ



 貴女も


  貴男も



 そして貴方も



何事もなかったかのように

過ごしている・・・




 これは、嫉妬?




そこに広がる日常に



私は嫉妬しているのかな?







嫉妬4




時の流れは、

ヒトの心を変えてしまう



私のような


 ヒトデナシの心さえ・・・



例え、どんなに辛くても

群れている時は幸せなのに

一度群れから離れると



 独りぼっち・・・



縛られていても

見世物にされていても


仲間が居ると安心なのに・・・



独りになると不安になる



暗い雲がたちこめ

一瞬にして空を覆う



まるで心を支配されていくよう・・・







嫉妬5




本当は、ア・ナ・タ・に

支配されたいのに・・・




逢えないと、


暗闇の深淵に心が飲み込まれそうになる




しっかり繋ぎ止めて欲しい

荒縄できつく縛り付けて欲しい



淫らな闇に心が沈んでしまう前に・・・




愛と背徳の小部屋 - にほんブログ村


にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村 
ランキングに参加しています。是非ポチっと応援して下さいね😉💕

 




人気ブログランキング
上のランキングバナーとFC2バナーも是非押して下さいね😉💕

 

言葉は魔法


久しぶりの四連休。


いつもの週末と同じように

あるじ様は御家庭に戻られます。



独りぼっちの夜・・・



私にとっては

このブログだけが

唯一の心の支えです。




ブロ友様たちのコメントに癒され


記事を書きながら


皆様に

責められる姿を思い描いて


旅をするのが私の愉しみ・・・





言葉は魔法1



「ブログの中の貴方」



言葉だけの繋がりなのに

 私は、貴方に恋してる。



真っ暗なパソコンが明るくなる時


 私の心はトキメクの


貴方のお便り待ちわびて


 画面をじっと見つめてる。




はやる心に急き立てられて



今か、今かと、みつめるの・・・





言葉は魔法2



言葉は魔法。



素敵な言葉ひとつで

沈んだ心が蘇る。



優しい言葉に癒されて


鼓舞する言葉に励まされ


淫靡な言葉に身体が火照る。




言葉は魔法3




言葉の愛撫に身体を預け


私は、今宵も独りで逝くわ



だから

言葉で犯して欲しい・・・





そう

私は、虐められて悦ぶ変態だから



優しい言葉は要らないの


野卑な言葉で犯されたいわ



 晒されて

 汚されて
 
 辱められると感じるの・・・




言葉は魔法4




熱いベーゼに舌を絡ませ

貴方の唾液を飲み込むわ



身体の奥まで貴方に塗れ

貴方の色に染まりたいから・・・



 逞しい胸

 逞しい腕


絡みつくような貴方の髪


私を縛って

抱きしめて・・・



 強く

 激しく


貴方に抱かれて壊れたい・・・





言葉は魔法5



捧げた身体に爪をたて


野獣のように貪る貴方。



大きな掌で薄い乳房を揉み潰し


凝った乳首に罰を与える。





言葉は魔法6



 言葉は魔法


 魔法のタクト


ブログの世界を飛び交って


私の心を支配する。



 私は、奴隷

 言葉の奴隷


貴方の言葉に操られ

宇宙の果てまで逝かされる・・・





言葉は魔法7



今宵また


貴方を想って・・・




おやすみなさいませ






愛と背徳の小部屋 - にほんブログ村


にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村 
ランキングに参加しています。是非ポチっと応援して下さいね😉💕

 




人気ブログランキング
上のランキングバナーとFC2バナーも是非押して下さいね😉💕

 

生きることに疲れてしまった貴方へ


私の大好きな俳優のおひとり

「三浦春馬」さまが

お亡くなりになりました。


2020年7月18日午後一時。

享年30(歳)・・・


あまりにも短い

命の火が消えました。


突然すぎる衝撃・・・

その、喪失感の大きさに

繋ぐ言葉がありません。



春馬3



暗い空

降り注ぐ雨


一人寂しく

去っていった貴方・・・




遠のく意識の中で

貴方は何を見ていたの?


過ぎ去った
遠い過去の思い出?


それとも
愛しい人の幻影?



あらゆるものに別れを告げて



貴方は一人


たった一人で

旅立ってしまった。




残されたものの

涙を置き去りにして・・・



 
背負いきれないほどの

荷物を背負って・・・




苦しかったんだろうな?


哀しかったんだろうな?


そして

悔しかったんだろうな?





春馬2


たった一人


圧し掛かる

荷物の重さに耐えながら


梅雨寒の雨の中


襲い来る淋しさに


耐えきれなくなって

心が壊れてしまったんだよね。




きっと・・・




春馬1


自殺の理由はいずれ発表されるのでしょうか?


せめて

天国では重荷をおろして

安らかに
おやすみくださるよう・・・


ただ、ただ、

お祈りするばかりです。






愛と背徳の小部屋 - にほんブログ村


にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村 
ランキングに参加しています。是非ポチっと応援して下さいね😉💕

 




人気ブログランキング
上のランキングバナーとFC2バナーも是非押して下さいね😉💕

 

カササギの詩(うた)



年にたった一度だけの

待ち焦がれた星合いの日・・・



冷たい催涙雨が

二人の逢瀬を阻みます。




逢いたくて、逢いたくて



夢にまでみた恋が

今、雨に流され消えてゆく・・・




鵲1



この悲しみ



この虚しさ



忘れるぐらいに責めて欲しい。




あなたに逢えないのなら・・・



もう

「オマエに夢は無いのだ」と


冷たく厳しく知らしめて欲しい。




鵲2



「私は絹糸に縛りつけられた哀れな蚕蛾・・・」


「そう、ヒトデナシの家畜・・・」



今更

まともな恋など出来るはずもない・・・




あなたに逢うことは許されず



閉ざされた繭の中


愛しいぬくもりに想いを巡らせ

ひたすら自慰に耽るだけ・・・




妄想の中


あなたの縄に抱かれて



鞭に踊り

ただ喘ぐだけの玩具・・・




鵲3



そんな玩具にも

失いたくない思いがある。



悲しいくらいチッポケな

それでも、

決して、消えない焔がある。





 逢いたい、いつか


   あなたに・・・・




鵲4



冷たい雨に阻まれ


今年もカササギの橋はかからない。




思い破れた夜に聞く


私の好きな歌・・・





それは


 「かささぎ」


今夜


 あなたに思いを馳せて・・・




鵲5






『かささぎ』      


生きることは 

すれ違うことだと解っていたけれど


夢の多くは叶わないものだと

気づいていたけれど


海を韓紅花(からくれない)に染めて

沈む夕日見つめ泣いた

懐かしいあの日




鵲7



星空には 

かささぎが精一杯羽をひろげ


織り姫と彦星の海峡に橋を架けた


あの日あの橋を渡れたなら

あなたの場所へ辿り着けただろうか?





鵲6




憧れて 憧れて 憧れた 

あなたを想いながら


諦めて 諦めた 

あの 時の流れに




生きることは

水のように流されてゆくことか


風のように

空に抗って吹き抜けることか


今は思い出の抽き出しに

音もなく納めた愛しい埋み火





鵲8



星空には

かささぎが精一杯羽をひろげ

織り姫と彦星の海峡に橋を架けた


けれど

あなたと私のためには

舞い降りてくれなかったのね


 かささぎ





鵲9



切なくて 切なくて 切なくて

空を見上げながら


愛しくて 愛しくて 愛しくて

今も胸が痛む


憧れて 憧れて 憧れた 

あなたを想いながら


諦めて 諦めた 

あの 時の流れに




 「かささぎ」作詞・作曲:さだまさし
鵲10





せめて、貶めて欲しい。


完膚なきまでに、叩きのめして欲しい・・・



もう、二度と

虚しい夢を抱かぬように・・・




鵲11



身も心も

あなたに捧げ・・・


命に従い 指を這わせる・・・


いとおしくて いとしくて 


宙を仰いで、思いを馳せる。






愛と背徳の小部屋 - にほんブログ村


にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村 
ランキングに参加しています。是非ポチっと応援して下さいね😉💕

 




人気ブログランキング
上のランキングバナーとFC2バナーも是非押して下さいね😉💕

 

プロフィール

風花(かざはな)

Author:風花(かざはな)
ちょっとマゾっ気のあるM猫です。
不倫の関係ですが、男主人
(あるじ)がおります。

主人(あるじ)の居ない時、
ふと淋しくなって誰かの言葉が欲しくなる・・・

そんな時、
このブログを訪れた貴方とめぐり逢いたいんです。

ここは、私が創った
「虚構の世界」

この世界で、貴方と出会い、
素敵な恋歌を詠いましょう。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
参加コミュニティ
百歌繚乱
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR