FC2ブログ

淫獣



今年はじめての愛の営み・・・


いつものように

お帰りになられた貴方のおみ足に口づけながら

不思議と涙が止まりません。



独りの夜が長く続いたからなのかな?


それとも、人肌が恋しかったから?



肌を這う麻縄の感触にさえ

身体が震えてしまうのです。






淫獣1



肌を刺す刺激に

伝い落ちる蜜のしずく


ヒクつく身体・・・



暗い闇の中へ堕ち

貴方への愛を誓いながら


何度も何度も登り詰める。







淫獣2



余韻に浸る暇もなく


次々と愛の業火を注がれて


慟哭の中で

貴方への愛と服従を誓うのです。




漆黒の闇の中



何度も何度も、繰り返される愛の行為・・・



究極の責め苦・・・



心も、身体も研ぎ澄まされ


私は、いつしか

貴方の淫獣に変えられてしまったの。




淫獣3



耐えがたい異臭が好き・・・


汚れた貴方を舐めさせられている自分が好き・・・



触れなくても、何もしなくても、

ただ、貴方を想うだけで

蜜が溢れて来るのです。






淫獣4




私は、淫獣・・・


貴方だけのケモノ・・・





涙を流し、蜜に溢れて

貴方だけを想い続ける哀しい淫獣・・・




今宵また



濡れた身体を

燃え盛る業火にくべられ


あさましい牝の咆哮をあげるのです。




淫獣5






人気ブログランキング 上のランキングバナーとFC2バナーを是非押して下さいね😉💕



ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!




除夜


いよいよ大晦日ですね。

今年は、いろいろなことがありました。
長い間お世話になったYahooブログが閉鎖になりここにやって来て、改めて皆様に巡り逢えました。

最初は、
Yahoo時代に親しくさせていただいていたお友達の大半が去り、気持ちが萎えておりました。

冷静に考えてみると、
例え、ブログが変わっても
本当に私と繋がりたいと思っていたら
いつか、ここに来て
再び繋がって下さるはずなんですよね。

たとえ少数でも
私と繋がって下さる素敵なお友達が
残って下さっているのは
本当に素晴らしいことなんです。

そして
新しいお友達も出来ました。


こうした繋がりこそ大切にしたい・・・


今、改めてそう思っています。



ハンドル


 ハンドルを
  
  握りて車窓眺むれば


 過ぎしおもひ出
  
  散る冬もみじ・・・



枯葉1



 冬こだち
  
  氷雨に打たれ苛まれ


 儚な葉散れど

  舞ひて昇らむ



枯葉2


 幻の
  
  恋を求めて
   
   迷い道
 
 
  濡れて枯葉に

   つたいて落つる



枯葉3



冬枯れの

 落ち葉に埋もれ

  捨てられた

 恋ふる想い

  抱き年越す



枯葉4


明くる年が皆様にとって
素晴らしい一年になりますように・・・

来年も
厳しく躾けてくださるよう
改めて何卒よろしくお願い申し上げます。

良いお年をお迎えください。

 風花(かざはな)




人気ブログランキング 上のランキングバナーとFC2バナーを是非押して下さいね😉💕



ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!


青い空を求めて・・・



 白鳥はかなしからずや空の青

     海のあをにも染まずただよふ


青空を求めて (1)



冴え渡る青空。


見上げていると

ふと

牧水の短歌が頭の中をよぎります。




青空を求めて (2)



これから冬にかけて

遠い国から白鳥が飛来します。





背景には青い空

そして青い海


牧水が敢えて

海の色を「あを」と表記したのは
 
空の青と

海の青を区別するためなのでしょうか?


 
白い鳥は、あくまでも白く

「空の青」にも「海のあを」にも

 染まれない。



この歌に秘められた

底知れぬ孤独感が私は好きです。




青空を求めて (3)



Humanでもなければ

Beastでもない


ただの変態には

何物にも染まれない

孤独感がヒシヒシと伝わって来るのです。





青空を求めて (4)



どこかに属することは

とても安心なこと。


誰かに依存することは

とても楽なこと。




だから、私は

奴隷になりました。



隷属することによって


孤独感が薄れるから・・・




青空を求めて (5)



どんな厳しい責めも

お仕置きも

それを受けている間は

決して孤独ではないから・・・



でも

その生活に安住してしまうと

いずれ、青空が恋しくなる。



私を縛る鎖を断ち切って

再び

空へ旅立ちたくなるのです。



青空を求めて (6)


あの白鳥のように・・・


空の青にも

海のあをにも

決して染まれないことを知りながら・・・


ただひたすら

青空を漂う私・・・




青空を求めて (7)


 今宵また

  貴方の鞭に

   踊らされ


 夢の彼方へ

   紅葉散り逝く





人気ブログランキング 上のランキングバナーとFC2バナーを是非押して下さいね😉💕



ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!



籠の鳥の終わりなき孤独


私が恋をしたのは

もう10年以上も昔のこと・・・



恋い焦がれた男の奴隷になり

鎖に繋がれたまま愛を知った。



やがて

ぼろ屑のように捨てられ

羽をもがれ



空の青さを知らぬまま

籠の鳥になった。




kago1.jpg



囚われた籠の中

鎖に繋がれたまま

男の味を知った。



飛び方も知らぬまま

空の怖さを教えられ


籠の中の快楽に溺れ

何度も、何度も、逝かされて


やがて、女になった。




kago2.jpg



青い空に焦がれることはない・・・

そう思いながらも

もがれた羽の痕は疼く。



ときめく心

抑えきれない情熱

優しい抱擁・・・



青い空はあまりにも遠く

それでいて美しい。



空の怖さを知りながら

飛びたい心が抑えられない。




kago3.jpg



ここに居れば安全なのに・・・

放置されると心が疼く。



独りぼっちの寂しさに

空の青さが語りかける。



こっちへおいで・・・と





kago4.jpg



優しく甘い空の誘惑


忘れていた思いが心を駆け巡る。



何時か青い空に抱かれたい。


あの青い空の優しさに包まれて

逝きたい。



心を燃やし

愛に溺れ

火の鳥となって・・・




 
 https://youtu.be/Ck38BmyrYBM


 「おひで」いとしひ人

 月のなひ 夜に焦がれ

 宵待ちの花咲く


 浮世の夢は いたずらに

 惑はせた 何処へ消ゆ

 あはれへと 誘ふ声

 籠の鳥の終はりなき孤独


 「おひで」 待ち侘びてゐた

 涙かれ 想ひくちた

 帰りたい ただあの日へ

 散りてなを 薫る花

 誘ふ闇   

 誘ふ鳥


kago5.jpg




人気ブログランキング 上のランキングバナーとFC2バナーを是非押して下さいね😉💕



ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!


毒に塗れて咲くふたり



私の恋人 凌霄花


 地を這う花は

  やがて弦を伸ばし

 空(霄)を凌ぐように

 高く伸びてゆく孤高の花



 やがて、その弦は、私の身体に絡みつき

  夾竹桃の花芯を貫くのです。 



毒に塗れて1



 誘われし 

  色香に侵され 

    逝こうとも 


  恋し恋され 

   ふたりの毒花 



 智恵里さまからいただいた

 素敵な詩(うた)に酔いしれながら


 凌霄花の弦に縛られ

 毒を吸われる夾竹桃・・・




毒に塗れて2



 恋し 恋され 

   凌霄花
 
 心も 身にも

   纏う衣 失いさすらいて


 「凌霄花は、貴女の毒を吸いとって枯れてもいいのよ」


 「きっと来年も蘇るのから」

 
 「夾竹桃を愛でるために・・・」




毒に塗れて3


 「そう、風花も、私も・・・」


 「浴衣を落として・・・」

「愛の炎に包まれながらひとつになるのよ」



智恵里様は、私の唇を強く吸いながら仰るの・・・




 「貴女の高く掲げた蜜壺に・・・」

 「咲いた水中花よりもっと熱く、」


 「もっと激しく火花を噴き散らすのです。」




 絡みつく

   弦に毒花封じられ

   燃えて悶える夾竹桃

   凌霄花に その身を託す




毒に塗れて4


 踏まれても

  蔑まれても


 すべて晒して抱き合うの


 それが二人の愛だから


 貴女のファルスを花芯に立てて

 何度も、何度も逝くのです。




 凌霄花と夾竹桃


  二つの毒花の絡み合い


   萌えて

   
   燃えて

 
  燃えあがる
 




人気ブログランキング 上のランキングバナーとFC2バナーを是非押して下さいね😉💕



プロフィール

風花(かざはな)

Author:風花(かざはな)
ちょっとマゾっ気のあるM猫です。
不倫の関係ですが、男主人
(あるじ)がおります。

主人(あるじ)の居ない時、
ふと淋しくなって誰かの言葉が欲しくなる・・・

そんな時、
このブログを訪れた貴方とめぐり逢いたいんです。

ここは、私が創った
「虚構の世界」

この世界で、貴方と出会い、
素敵な恋歌を詠いましょう。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR