FC2ブログ

虞美人草(ひなげし〉

 

 

  虞美人草
 
    風の吐息に
 
      身を濡らし
 
    赤い花弁を
 
      開きて喘ぐ

 

 

 

その昔

 

愛する人のために命を絶った

 

娘の血から生まれた真っ赤な花

 

それが虞美人草

 

 

敵将の戦利品となることを拒み

 

愛のために身を捧げ自決した

 

高貴な女性を称えるかのように咲き誇る

 

 

 

 

虞美人草 (1)


http://chugokugo-script.net/rekishi/gubijin.html

 



私にはきっと出来ない。

 

 

 

愛を貫くことさえも・・・

 

 

 

今だって、

 

心に想う貴方が居るのに

 

主人(あるじ)の腕の中で快楽を貪っている・・・

 

 

   不浄な女

 

 

虞美人草 (2)

 

 

 

 

 

紫陽花のように移り気で

 

誰にでも抱かれる浮気な女・・・

 

 

 

 

 若竹に
 
   くくられ仰ぐ
 
      遠い空
 
  幾多の竿に
 
    突かれ果てゆく

 

 

 

 

 

 

虞美人草(3)

 

 


 

 

夏目漱石の同名の小説を読んだことがあります。

 

 

 

 

プライドの高い高貴なヒロインが

 

二人の青年を天秤にかけ翻弄した挙句

 

双方から、愛想をつかされ捨てられて

 

錯乱状態の中、自ら命を絶ってしまう・・・

 

 

 

良く覚えていないけれど

 

淫蕩な行いが冷徹に罰せられていく情景が蘇って来ます。

 

 

 

虞美人草 (4)

 

 

 

私もいつか

 

罰せられるのかも知れません。

 

 

 

主人(あるじ)に仕える身でありながら

 

Blogに興じ、恋をして

 

多くのブロ友の皆様に媚びを売っているのだから・・・ 

 

 

 

虞美人草 (5)

 



 

 操たて
 
   まもり通した
 
     虞美人も
 
  花弁濡らして
 
    露と散りゆく


 


上のランキングバナーとFC2バナーを是非押して下さいね😉💕





関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 文華さま

私も虞美人のような生き方をしてみたい・・・
愚直に、可憐に、好きな方のために命を捧げる・・・
そんな生き方、そして終わり方に憧れています。

Re: 文華さま

私も虞美人のように生きたかった。
ふと、そう思う時がありますわ。

No title

虞美人草。名前の由来になった虞美人のように生きてみたい。
ひなげしの可愛らしい名前と虞美人草の悲しい名前が、花の可憐さをひきたたせるそんな花、虞美人草。

Re: 妬けちゃうのは何故?

> 7月7日、「催涙雨」の記事へのコメントで、真っ先に
> 誕生日をお祝いしてもらえたことがとってもうれしかったの。

ジェイソン様は、とっても良い方。
私にとっては、白馬の騎士のような存在なの。
好きというより尊敬しています。

でも、ちぃちゃんのことは、やっぱり独り占めしたくなっちゃうみたい・・・
ダメな私です😝💦

> >やっぱり、お仕置きが足りないのかなあぁ~
>
> てか、「智恵里さま」って呼び方‥(苦笑)
> 無意識なの? それとも、おねだり?

オネダリかも知れない。
これから三日間、主人(あるじ)がいらっしゃらないの。
放置されると思っただけで、誰かに嬲って欲しくなるなんて・・・
いよいよ、私も究極の変態ですね😝💦


> 以前のブログで「夾竹桃」という記事を読んだよ
> 風花ちゃん自身を詠んだ詩だったような気がする
> あれは、すてきな恋歌だったわ💕

自分で自分の記事を忘れてるのかも?
気に入っていただけたのなら、今度リニューアルして載せますね😊💖

妬けちゃうのは何故?

>智恵里さまとジェイソン様が話しているのを見ているだけで
>なんとなく妬けちゃうのは何故?

7月7日、「催涙雨」の記事へのコメントで、真っ先に
誕生日をお祝いしてもらえたことがとってもうれしかったの。

>やっぱり、お仕置きが足りないのかなあぁ~

てか、「智恵里さま」って呼び方‥(苦笑)
無意識なの? それとも、おねだり?
まだまだあちらでお仕置きが足りないようね

>それにしても、私は夾竹桃だったんですね。
>危険な女・・・・かもね😊

以前のブログで「夾竹桃」という記事を読んだよ
風花ちゃん自身を詠んだ詩だったような気がする
あれは、すてきな恋歌だったわ💕

Re: フクッチ様

確かにそうですね。
この連休も、独り。
花弁を開いて蜜を垂らしてお待ちしてますわ。😊💧

Re: Re: 丘の上ひなげしの花で

智恵里さまとジェイソン様が話しているのを見ているだけで
なんとなく妬けちゃうのは何故?

やっぱり、お仕置きが足りないのかなあぁ~

それにしても、私は夾竹桃だったんですね。
危険な女・・・・かもね😊



風花も、ある意味雛罌粟だろ
吐息で濡らしながら、花弁を開いて
喘ぎ悶えるからな

Re: 丘の上ひなげしの花で

>ジェイソン様
>これが虞美人草(ひなげし〉なんだ?
>アグネスチャンが歌っていた(^^♪

カラオケの持ち歌にアグネスチャンの歌も1曲だけあります。
でも、この歌はとても高すぎて歌えません。
私がたまに歌うのは「白い靴下は似合わない」です。


>風花ちゃん
>そうそう、そのヒナゲシの別名です。
>可愛く見えて毒があるから気を付けて下さいね。(^^♪

風花ちゃんは、夾竹桃‥
私は、凌霄花‥

お互い、毒があるのね

どちらの毒が強いのか
お毒味してみようか

>淫蕩な行いが冷徹に罰せられていく情景が蘇って来ます
>私もいつか罰せられるのかも知れません。

裏の部屋であれだけ罰せられているのに
とうとう免疫ができてしまったのかな?

Re: ころりん@タン

あ~ん、
そんなに乳首吸ったらだめぇ~

逝っちゃうよぉ~

死ぬのは怖いけど、逝くのは気持ち良いね😉💕

No title

あのね、命ぉ絶つにゃんて逝うけどぉ
プルプルぉ握りしめて、どぉするのぉ?v-16

グビグビジンジン逝き草ってぇ
そんな言われがあったんだねぇ?
それじゃ、風花タンのチクビからぁ
散ぉチュゥチュゥ😘

Re: 丘の上ひなげしの花で

ジェイソン様
そうそう、そのヒナゲシの別名です。

可愛く見えて毒があるから気を付けて下さいね。(^^♪

Re: 鍵コメの「喪黒福造」さま

有難うございます。
私は、所詮、マゾだから、
淫乱と呼ばれることにあんまり抵抗は無いんですよ。

「愛多き女」というより「汁多き女」かな😝💦

Re: eromadamsky さま

もう、仲間にはいってるくせに・・・

あん、いつの間にか、中まで入ってるわ💕

Re: 鍵コメの壱藤さま

愛する人のためになら命を懸ける・・・
そんな気持ち解ります。

丘の上ひなげしの花で

これが虞美人草(ひなげし〉なんだ?
アグネスチャンが歌っていた(^^♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

幾多の竿

俺の竿も仲間に入れてほしい。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 鍵コメの「喪黒福造」さま

女は、好きな方にだけ捧げたい思いがあるものです。

くだらないミエのようなものだけど・・・

守りたい思いがあるものですわ。


こんな淫乱に身を堕としても、なお、そんな気持ちが過る時がありますわ。😊

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 鍵コメの「喪黒福造」さま

好きな男性のためにならないからと、自らの命を絶つ。

究極の思いやりですね。


素敵な返歌を有難うございます。

やはり、私は、心の操も保てないから
本当の淫乱なのかも知れません。

考えさせられる詩ですわ。


Re: 鍵コメの壱藤さま

流石に博学ですネ

愛に殉ずる・・・それが究極の愛なのでしょうか?

男性は、愛する人を共に黄泉の国へ連れて行きたいの思うのでしょうか?

女は従うのみ・・・

愛する方が望むなら、どこにでも参りますわ。


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: すくすく様

なんだか難しい内容だったような気がします。
私の場合、読んだ本の内容は、はっきり覚えていないけど、
イメージとして残っているんです。
時間の経過とともに、それに妄想が加わって違う内容になってしまっていることもしばしばあります。
他の方に指摘されて、内容の違いに気づいたりするんです。💦
だから、私の場合、書評は絶対書けません。

妄想が加わって変質しちゃうから・・・

No title

虞美人草

本読みました

内容忘れました
プロフィール

風花(かざはな)

Author:風花(かざはな)
ちょっとマゾっ気のあるM猫です。
不倫の関係ですが、男主人
(あるじ)がおります。

主人(あるじ)の居ない時、
ふと淋しくなって誰かの言葉が欲しくなる・・・

そんな時、
このブログを訪れた貴方とめぐり逢いたいんです。

ここは、私が創った
「虚構の世界」

この世界で、貴方と出会い、
素敵な恋歌を詠いましょう。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR